• タグ検索:
  • キーワード(小粒、シニア、ダイエットなど):

営業日カレンダー

ベレンのブログ

ホーム > 商品一覧 > > トラブルを抱える犬 > 肥満・ダイエット

肥満と痩せすぎの話

わんちゃんの体型はどうですか?

「うちの子は太り気味で」
「太りやすい体質なんです」
「痩せてしまって困っています」
「すでに肥満状態です」
「なかなか痩せられません」
「ダイエットの方法を教えてください」

こんなご相談が数多く寄せられています。

みなさんもご存知の通り、わんちやんも人間と同様に肥満や痩せすぎは健康にとっていいものではありません。

わんちゃんが欲しがるからといってついついおやつやごはんをあげ過ぎたり、ちょっとだから大丈夫とおやつの回数が増えたりはしていませんか?

きちんと食事やおやつの習慣を管理できなかったり、運動量が少ないなど生活管理ができないと摂取して使い切れなかった栄養が身体に蓄積され、肥満につながっていきます。

肥満については何となく軽く考えられがちですが、立派な身体のトラブルです。
肥満はわんちゃんの身体や内臓器官に負担となるばかりでなく、関節にも大きな負担をかけてしまうことになります。

実際にどのように負担となっていくのでしょうか?

わんちゃんの身体にとって過剰だったり、使い切れず蓄積されてしまった脂肪分は肝臓や腎臓の働きを阻害することがあります。
肝臓や腎臓は身体の中で必要のないものを取り除くフィルターの役割や代謝・免疫・血液の管理をしているため、働きが阻害されると肝臓や腎臓はその分一生懸命働かなければならず、そのことが酷使や負担につながり、体内の代謝力が低下し、より痩せにくい体質になってしまったり、免疫力が低下してしまうことで病気などに対する抵抗力が失われ、すぐ病気になったり、症状がなかなか改善されなかったりすることにつながります。
また脂肪分の身体への過剰な蓄積は、心臓の働きにも悪い影響を与えたり、内臓の働きを阻害し、膵炎や糖尿病の危険にもつながります。
糖尿病になると、毎日インスリン注射が必要になるばかりか、糖尿病からくる白内障になってしまうと視力を失ってしまうことすらあります。
さらに体重の増加は、膝蓋骨や股関節、その他の関節にとっても直接的に大きな負担となり、障害につながる可能性を高めることになります。
関節の障害は手術などの治療が必要になったり、歩行困難になってしまうことすらあるとても危険なトラブルです。
その危険を回避してあげられるのは飼い主さんだけです。
大きなトラブルにつながる前に対処してあげましょう

また、肥満よりも比較的少ないトラブルですが痩せすぎも決して良いことではありません。
特に仔犬の頃の痩せすぎは成育不全の危険や、免疫力の低下、虚弱体質につながることがあります。
稀に「あまり大きくしたくないから」と仔犬にも関わらず食事量を極端に減らし成長を制限しようとする行為を耳にすることがありますが、わんちゃんの成犬時の大きさは遺伝が影響し、ある程度決まっているものです。
小型犬でも大きく成長する要素を持っているわんちゃんに対し、食事を極端に制限してしまえば成長を損ない、のちのち一生抱えなければいけない可能性すらあるトラブルにつながってしまう恐れがあるのです。
例えば免疫力の低下は、いろいろな病気に対する抵抗力が低くなってしまうので、病気にかかりやすくなります。
筋肉や骨格がきちんと成長できなければ骨格トラブルにつながります。
被毛に栄養が行き渡らなければ艶のない被毛や切れやすい被毛、被毛が生えそろわないなどのトラブルにもつながります。
上記は一部の例ですが極端な痩せすぎも様々なトラブルにつながる可能性があり注意が必要です。

現状何も問題が起きていないからと油断してはいませんか?
わんちゃんの生涯を考えて健康管理をしてあげてください。

肥満の要因

肥満の要因は運動量や身体の維持、わんちゃんの基礎代謝に対して、摂取カロリーのアンバランスや脂肪分などの過剰摂取、栄養バランスの崩れ、わんちゃんそれぞれの内臓の働きなどにも大きく左右されます。
摂取カロリーのアンバランスは、必要量より食事量が多い、おやつの食べすぎ、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが合っていないなどが考えられます。

わんちゃんも年齢や活動状況によりフードを選択する必要があります。
人間でも子供とお年寄りでは食事内容が違います。
若い頃は平気だったのに年を重ねていくと脂っこい物を食べると胸やけしたり、うまく消化できなくなったり、摂取した栄養分を消費しきれずお腹がでてきてしまったり…
これらはわんちゃんにおいても同じことが言えます。

またわんちゃんが食事をあまり食べないのに太っているという場合があります。
わんちゃんがあまり食事を食べないと食べさせるためにフードにお肉や野菜、缶詰、果物、わんちゃんが好むものを混ぜて食べさせてしまうということが多く見うけられますが、少ない食事量でもわんちゃんが痩せてしまったり元気をなくしてしまうなどがなければ、少ない食事量でもそのわんちゃんには適正量であるということが多くあります。
その場合、混ぜ物をして無理にたくさんの量を食べさせてしまうことで、結果的にわんちゃんが必要としている栄養量よりも摂取栄養量が多くなってしまい、「あまり食べないのに太っている」ということにつながってしまったり、色々な物を混ぜることで栄養バランスが乱れてしまい、太りやすい体質になってしまったり省エネ型の体質につながってしまうことが多くあります。
食べないから食べるものを探して与えるのではなく、適正量をきちんと判断してあげ、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

また知らず知らずのうちに肥満の要因をつくっていることもあります。

ご存知の方も多いかと思いますが避妊や去勢の手術をすると身体のホルモンのバランスが変わります。
このホルモンのバランスによって太りやすくなるわんちゃんが多くいますが、中には痩せてしまったり特に変化の出ないわんちゃんもいます。
よく避妊や去勢の手術を予定されていたり、避妊や去勢の手術を終えた段階で「ダイエット用のフードにした方がいいですか?」と質問されることがありますが答えは「×」です。
上記にも書いたように避妊や去勢の手術後ホルモンのバランスが変わり太りやすくなるわんちゃんが多くいますが、その身体の変化は手術後すぐに現れるということではありません。
身体の変化が現れるまでには術後1〜2ヶ月程度かかることがあるため、どのような変化が出るかわからない段階で摂取する栄養を抑えダイエット用のフードに替えるという判断は難しい面があります。
例えば結果的に太る体質にならなかったわんちゃんにも関わらず、摂取する栄養価を抑えてしまえば身体は少ない栄養でも動けるようになってしまいます。
このように省エネ型の体質になってしまうと少しおやつを食べただけでも太る、少し食べる量が多くなっただけでも太る、運動量が少なくなるとすぐ太るなど意図せず肥満の要因となってしまうこともあります。
このようなリスクを避けるためにも手術後わんちゃんにどのような変化が出てくるか注意深く観察し、太る傾向が見られればその段階でダイエット用フードなどを考慮したり、痩せてしまう傾向が見られれば逆に栄養価を高くすることを考えるなどが大切です。
また避妊や去勢手術は仔犬の段階で行うこともありますが、仔犬の場合まだ成長段階にあるにも関わらず栄養を調整してしまうと成長不良につながることもありますので、術後の様子に注意することが大切です。

注意すること

日頃の活動状況にあわせたフードを選び、その子にとっての適量を食べさせてあげるようにしてください。
フードに表記されている給餌量はあくまでも目安です。
わんちゃんの体型や便の状態をみながら調節してあげてください。
一般的に便が硬すぎる場合は食事量が少ない、便が軟らかすぎる場合は食事量が多いと考えられます。
また、必要以上に間食やおやつをあげないようにしてください。
おやつなどを食べたときは、その分食事の量を調節することも必要ですが、基本的には食事量を調整しなければいけない程おやつを食べるということはおやつの食べ過ぎと考えられます。

栄養バランスの崩れは普通に生活しているとなかなか気がつきにくいものです。

「カロリー・脂肪分の摂取には気をつけているのになかなか痩せない」
「ごはんにも気をつけているし、運動もしているのに」

という場合などに多く見られるようです。
栄養バランスが崩れていると脂肪分をうまく処理分解できず身体に蓄積しやすくなってしまったり、代謝が悪くなりカロリーを消費しにくい身体になってしまったり、上記にも書かせて頂いたような省エネ型の体質になってしまうことがあります。
人間でもダイエットの方法を間違えると全然痩せられなかったり、リバウンドで逆に太ってしまったりするのと同じことです。

ドッグフードは栄養バランスに優れているはずなのに…どうして?

一般に人間が食べない部分を原材料に使用しているようなドッグフードは、そのままでは栄養価に欠けてしまいます。
その原材料の栄養価不足を補うために合成栄養素を後から入れて製造しているドッグフードもあります。
ナチュラルと呼ばれているドッグフードも例外ではありません。
この場合、製造されたドッグフードの栄養価は十分だとしても、合成栄養素はわんちゃんにとって吸収しにくかったり、負担となることもあるばかりでなく、栄養素によって吸収率が違うことや、ドッグフードによってはわんちゃんの内臓器官に負担がかかり、その影響で内臓器官機能が低下してしまい、栄養をしっかり吸収できないなどのために栄養のバランスを崩すキッカケになることもあるのです。

本来はしっかりした食事できちんと栄養を摂取するのが一番良い方法です。
人間でも食事の量を減らしてその分サプリメントで栄養分だけを補う生活は健康的とは言えません。
このような内臓器官機能の低下は、栄養を吸収する力の低下でもあるので太ることとは逆にしっかり食べているのに痩せてしまうわんちゃんの原因にもなるのです。

また、ダイエット用の栄養価のドッグフードを選んであげているのに

早く痩せさせるなどのために大幅に給餌量を減らしてしまったりなどはありませんか?

摂取した栄養を活用したり燃焼させるためにも必要な栄養があります。
安易にドッグフードの量を減らしてしまうと、その必要な栄養素の摂取量までが減ってしまい、逆に痩せにくい体質になってしまうこともあります。
また食事量が少ないことでわんちゃんが食事に満足できないと、ストレスになってしまったり食べ物に対する執着心が異常に強くなってしまうこともあります。

現在太っているわんちゃんはもちろん、そうでないわんちゃんもカロリー・脂肪分の過剰摂取や栄養バランスの崩れに十分注意し、痩せているわんちゃんは栄養価や食事の量、栄養バランスに注意してわんちゃんの体重・体型など健康管理をしてあげてください。

10 件中 1-8 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ

ボッシュ ハイプレミアムコンセプト ミニライト ドッグフード

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ
ミニライト ドッグフード(1.0kg)

価格1,980円(税込)

超小型犬、小型犬、中型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。
超小型・小型・中型犬の成犬・高齢犬に適応しています。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュミニライト ドッグフード(7.5kg[2.5kg×3袋])

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ
ミニライト ドッグフード(7.5kg[2.5kg×3袋])

価格10,384円(税込)

超小型犬、小型犬、中型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。
超小型・小型・中型犬の成犬・高齢犬に適応しています。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュ ハイプレミアムコンセプト ミニライト ドッグフード

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ
ミニライト ドッグフード(2.5kg)

価格4,070円(税込)

超小型犬、小型犬、中型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。
超小型・小型・中型犬の成犬・高齢犬に適応しています。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュ+プラスソフトシニアヤギ&ポテトグルテンフリードッグフード(2.5kg)

ハイプレミアムプラスコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ+プラス
ソフトシニアヤギ&ポテトグルテンフリー ドッグフード(2.5kg)

価格5,280円(税込)

グルテンフリードッグフード、アレルギー体質、慢性的な消化器系障害、偏食、ダイエットや体重管理が必要なわんちゃんに♪

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュ+プラスソフトシニアヤギ&ポテトグルテンフリードッグフード(1.0kg)※リニューアルしました

ハイプレミアムプラスコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ+プラス
ソフトシニアヤギ&ポテトグルテンフリー ドッグフード(1.0kg)

価格2,640円(税込)

グルテンフリードッグフード、アレルギー体質、慢性的な消化器系障害、偏食、ダイエットや体重管理が必要なわんちゃんに♪

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュ ハイプレミアムコンセプト ライト ドッグフード

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ
ライト ドッグフード(1.0kg)

価格1,980円(税込)

中型犬、大型犬、超大型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。
全犬種の成犬・高齢犬に適応しています。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュ ハイプレミアムコンセプト ライト ドッグフード

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ボッシュ
ライト ドッグフード(2.5kg)

価格4,070円(税込)

中型犬、大型犬、超大型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る

ボッシュライト ドッグフード(7.5kg[2.5kg×3袋])

ハイプレミアムコンセプト
100%自然素材の無添加フード

ライト ドッグフード(7.5kg[2.5kg×3袋])

価格10,384円(税込)

中型犬、大型犬、超大型犬の体重管理やダイエットに特化したドッグフードです。

二重袋の必要・不要について
二重袋による鮮度維持期間の違いはありません
数量
詳しく見る


10 件中 1-8 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ